徳島城博物館「新たな国民のたから」展

2018年8月20日 [ ニュース ]
徳島城博物館前

徳島城博物館前

日本には大切に守り伝えられてきた「国宝」や「重要文化財」があります。
それらの指定や文化財の保存、活用は文化庁が行っていて、その仕事の中には「国民のたから」である貴重な文化財の保護や海外流出を防ぐことを目的に、文化財を購入するという事業もあります。そして、その事業によって国に所有となった文化財は、国立博物館や各地の博物館等が開催する展覧会のほか、毎年各地の博物館と共催で実施される展覧会でも公開されています。
このたび、徳島市徳島町にある市立徳島城博物館で「各地の博物館と共催で実施される展覧会」である『新たな国民のたから』展が開催され、最近、国が購入して国所蔵のものになった文化財を中心に、銅鐸、茶碗、刀、兜、屏風などが展示されることになりました。
今回は特別に、宮内庁の協力のもと、徳島県ゆかりの蜂須賀家関係資料も出品され、蜂須賀家旧蔵の「西行物語絵詞」をはじめとする、国宝1件、重要文化財23件を含む、文化庁購入文化財34件の貴重な文化財が一堂に展示されます。
また期間中多くの関連事業や講演会も行われ、いろいろな角度から今回展示されている「国民のたから」についてひも解いてみようという取り組みも行われます。
日本で大切に守り伝えられてきた、さまざまな文化財の魅力をどうぞお楽しみください。

と き  平成30年7月28日(土)~平成30年8月26日(日)

9:30~17:00(入館は16:30まで) ※休館日 毎週月曜日(ただし8月13日は臨時開館)

ところ  徳島城博物館(徳島市徳島町城内1-8 ※Google Mapへリンク)

入館料  大人300円、高校・大学生200円、中学生以下無料

関連事業 「トクシィと発見『国民のたから』」 8月3日(金) 午後1時30分~午後2時30分
トクシィと学芸員が一緒に見どころを紹介します

記念講演会 「刀をめぐるよもやま話」 8月25日(土) 午後1時30分~午後3時
講師:伊東哲夫氏(文化庁文化財部美術学芸課工芸部門 文化財調査官)

主 催  文化庁、徳島市立徳島城博物館

【この情報に関するお問い合わせ先】 徳島城博物館 TEL.088-656-2525

◇関連リンク
徳島城博物館(スポット・メニュー)
徳島城博物館HP(外部リンク)

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。