徳島城博物館の来館者、100万人を突破!

2018年1月17日 [ ニュース ]

IMG_2122
 JR徳島駅から徒歩10分、徳島城の御殿跡にある「徳島城博物館」は徳島藩や蜂須賀家に関する歴史資料を収集・保存・展示する博物館として、平成4年(1992)10月1日にオープンしました。
 以来、本来の目的である「徳島藩と蜂須賀家の歩みに関する貴重な資料」や「近世阿波の美術工芸品の展示」はもちろん、季節ごとの企画展や年に一度の特別展を開催するなどして多くの市民や〝蜂須賀ファン〟〝歴史ファン〟に親しまれています。また、「古文書講座」や「美術講座」「落語講座」など、さまざまな講座が年間100日以上開かれており、多い日には100人を超える受講生が来館するなどして人気を呼んでいます。
 その徳島城博物館の来館者が、平成30年(2018)1月16日、開館から25年余り、開館から7,535日目で100万人に達しました。この日は博物館ロビーで徳島市長をはじめ、博物館の館長や関係者、それにトクシィも参加して記念のセレモニーが行われました。100万人目の来館者となったのは、徳島県小松島市の25歳の会社員の男性で、遠藤市長から認定書や記念品などが贈呈されました。来館の目的は、この日開催されていた徳島城博物館開館25周年記念企画の名刀展『鐡華繚乱―ものゝふの美』と、合わせて開かれている人気アニメの原画展だったそうで「突然のことでびっくりしたけど嬉しい。今後も若者向けの企画を期待したい。」と話していました。
 徳島城博物館の根津寿夫館長は「今後も面白い展覧会や講座、イベントを開催しますので、どうぞ御来館ください。」と話しています。

◇徳島城博物館  (徳島市徳島町城内1-8 ※Google Mapへリンク)

◇関連リンク
徳島城博物館(スポット・メニュー)
徳島城博物館HP(外部リンク)

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。