トクシィの水都巡り「五滝」

2017年10月7日 [ ニュース ]

IMG_5394 徳島市の南部、多家良(たから)地区に属する八多町(はたちょう)は静かな農業地域ですが、国の重要有形民俗文化財に指定されている『犬飼農村舞台』や東山渓県立自然公園・四国のみちに指定されている『八多の五滝』があることでも知られる〝徳島市の隠れた観光スポット〟です。
『八多の五滝』は、徳島市で最も高い標高772.9メートルの中津峰山から流れる八多川に沿って山を登ると見ることができる滝で、「御来光(五来光)の滝」「布引きの滝」「象の滝(蔵王の滝)」「雌鴨の滝」「雄鴨の滝」で構成されています。落差は4メートルのものから20メートルのものまであり、なかでも「象の滝(蔵王の滝)」はとても壮大で、下流には結晶片岩が露出した上を清流が流れる渓谷美を誇る「畳石峡」があります。
辺りには小さな滝も点在しているので、訪れると自然が作り出した多彩な表情を見せる「水」を楽しむことができます。また、徳島県が選定した〝とくしま水紀行50選〟、徳島市が選定した〝とくしま市民遺産〟にも選定されています。

徳島市の中心部から車で1時間足らずの場所にある自然美が広がる別世界。
周辺の中津峰森林公園には、遠く淡路島や和歌山を一望できる展望台や中津峰山頂まで登れるハイキングコースもありますので気候のいい時期に一度訪れてみてはいかかですか?

場 所 徳島市八多町鹿ノ首 (※Google Mapへリンク)

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。