阿波踊り
本場徳島の阿波おどり

開催日/毎年8月12日~15日の4日間

世界にもその名を知られた400年の歴史を持つ徳島の夏祭り。期間中は、街中に阿波おどりのお囃子が響き、ぞめきのリズムに踊り子や見物客の身も心も弾みます。

見る阿呆
有料演舞場(4カ所)
観覧席は指定席と自由席があり、演舞場は4カ所あります。第1部が午後6時~8時、第2部が午後8時30分~10時30分の前・後半入替制2部方式。
開場は午後5時30分。ただし、紺屋町演舞場は午後5時45分開場。12日の市役所前演舞場は午後5時30分に開幕式を開催します。
市役所前演舞場
初日の12日には大規模な開幕式が行われます。車イス専用の観覧席(有料)があります。※10台分
全長110m、駅から徒歩10分。
紺屋町演舞場
商店街と歓楽街に隣接された演舞場です。名物「阿波おどりからくり時計」が目印です。
全長100m、駅から徒歩15分。
南内町演舞場
連日午後10時からの有名連による合同フィナーレでは、本場阿波おどりの醍醐味が満喫できます。
全長122m、駅から徒歩12分。
藍場浜演舞場
新町川沿いの藍場浜公園内に設置されます。JR徳島駅、バスターミナルから最も近く、数多くの露店も出店します。
全長122m、駅から徒歩5分。
無料演舞場(2カ所)
両国本町演舞場
両国本町商店街に設置されます。演舞場の全長は170mで7カ所中最も長く、踊り子や見物客が集中します。車イス専用の福祉コーナー(要予約)があります。
駅から徒歩7分。
新町橋演舞場
市内最大の商店街である東新町商店街の入り口近くに設置されます。新町橋は、阿波おどりの囃子「よしこの節」にもうたわれた有名な橋です。
全長110m、駅から徒歩5分。
選抜された有名連の、高度に洗練されたステージの阿波おどりをご堪能ください。特に11日の前夜祭は、ショーアップした豪華な「阿波おどり」をアスティとくしまで披露します。さらに、舞台の演出効果を生かして披露される有名連の熱演を、あわぎんホールで行ないます。
【8月11日】
アスティとくしま(徳島市山城町東浜傍示1-1)
前夜祭は、阿波おどり振興協会及び徳島県阿波踊り協会に所属する選抜メンバー(約600名)による合同演舞を行います。約80分の舞台公演です。
【8月12日~15日】
あわぎんホール[徳島県郷土文化会館](徳島市藍場町2-14)
前夜祭は、阿波おどり振興協会及び徳島県阿波踊り協会に所属する選抜メンバー(約600名)による合同演舞を行います。約70分の舞台公演です。
踊る阿呆
にわか連で踊ろう!


本場徳島で阿波おどりを体験したい人は、にわか連に参加してください。
事前の申し込みは必要なく、服装も自由です。阿波おどりを全く知らなくても大丈夫、有名連の踊り子のレッスンとリハーサルの後あなたも演舞場へ繰り出します。集合場所は2ヵ所、所定の場所に集まってください。
熱い体験、あなたが主役です。参加費無料です。

● 集合時間
8月12日~15日の4日間毎日18:30と20:30の2回実施。
● 集合場所
(1) 徳島市役所市民広場(徳島市幸町2丁目)
(2) 元町おどり広場(徳島市元町2丁目)
● お問い合わせ
徳島市経済部観光課 TEL 088-621-5232

にわか連用オリジナルデザインのハッピを貸出しています!


県内外の観光客の皆さまに、より手軽に阿波おどり気分を味わってもらうため、阿波おどり期間中の毎日、徳島市にゆかりの深い女優宮本信子さんがデザインした「オリジナルハッピ」の貸出を行っています。
ぜひ、オリジナルデザインのハッピを着て、にわか連に参加してみてください。

●貸出期間
8月12日~15日の4日間毎日
●貸出場所
(1) 徳島市役所市民広場(徳島市幸町5丁目)
(2) 阿波おどり総合案内所(徳島市寺島本町東 ※注 徳島駅前で阿波おどり期間中のみ開設)
●貸出及び返却時間
18:00~22:00(毎日先着250人)
●貸出料
無料(貸出時に預かり金として、1枚当たり3,000円が必要となり、返却時にクリーニング代500円を除いた2,500円をお返しします。

コメントは受け付けていません。